安眠のために最適な布団について

睡眠は人間の三大欲求の一つであり、とても重要なものです。
平均で1日のうち3分の1の割合を占める睡眠時間ですが、長ければ良いというものではありません。
長く寝ても疲れが取れないという方は眠りが浅く、安眠できていないということが考えられます。
質の良い睡眠を取るために重要となってくるのは、体の大半を預けることになる布団です。

布団は柔らかすぎても硬すぎても、質の良い睡眠を妨げる原因になってしまいます。

昔は木綿が一般的でしたが、現在は様々な素材のものが開発されており、人気ランキングで上位に入っている敷布団「雲のやすらぎ」は、クロスクラウド製法という縦と横の繊維を交差させることで、寝返りを打った時でも体圧をうまく拡散する機能があります。

冬は羊毛、夏はポリエステル生地のリバーシブルで使え、厚みが17センチもあり、雲の上に寝ているような感覚です。
また、「ブレスエアー」は洗えて速乾性があり、「ムアツ布団」は床ずれ防止用として病院向けに開発され、多くの医療機関で使用されています。

いずれも高反発マットで、背骨をS字カーブに保つことができ、α波が沢山出て眠りが深くなる効果があります。
また、体を点で支えることで体圧分散機能に優れ、腰痛や肩こりになりにくく、安眠につながります。

この他にも様々な商品があるので、実際に自分で横になり、寝心地が良いと感じたものを選ぶと良いでしょう。

自分にあった布団で安眠できることが、健康維持やストレス解消、明日への活力に役立ちます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:安眠

このページの先頭へ