心地よい睡眠をとるための安眠用品にはどのようなものがあるか

睡眠時間は人生の約3分の1程度を占めると言われています。
睡眠をとらないと、体力の低下・注意力の低下・判断力の低下・作業効率の低下など、さまざまな弊害が起こります。
では、睡眠時間はどれくらい必要なのでしょうか。
年齢や日中の活動量、体調によって大きく変わりますが、実は睡眠時間よりも、どれだけ熟睡できるかという睡眠の質のほうが重要であると言われています。

そんな睡眠を満足のいくものにする為に、さまざまな安眠用品が売り出されています。

その代表的なものに快眠枕があり、低反発素材を使用したテンピュール枕は、体温と体圧を感知し、ゆっくり沈み込んで体の一点に集中しがちな圧力を均一に分散させる特性を持っています。

高反発素材を使用したマニフレックス枕は、柔らかすぎず硬すぎない弾力特性と復元性を持ち、体圧を分散させて最適な睡眠姿勢をサポートします。
その他に、特殊立体構造を使用したものや、水を入れて高さを調整できるものなど多くの種類があります。

他にアロマオイルも有効で、寝る前にアロマテラピーをすることで、気分が落ち着きスムーズに入眠できるようになります。
オイルの種類は豊富で、肉体的な疲れには「ラベンダー」「ローズマリー」、精神的な疲れには「カモマイル」「イランイラン」が効果的です。

また、いびき防止策として、マウスピースや鼻腔を拡げるブリーズライトもおすすめで、いびきをかいている時は呼吸が抑制されて眠りが浅くなる為、それを防止することで睡眠不足の解消に繋がります。

このようなさまざまな安眠用品の中から自分に合ったものを見つけ、心地よい快眠を目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:安眠

このページの先頭へ