一般的には、メラニン色素の生成を助ける酵素の働きが弱くなる40歳頃に白髪や脱毛が目立つようになります

髪の毛が黒から白くなる、髪の毛が抜けてくるのは昔から加齢による現象の一つなのですが、時代が大きく変化し、社会の変化が早くなってくると、身体の自然の変化も起きてきます。
自然の変化だけでなく私達人間の体も変わってくるので、脱毛のメカニズムは明確になっておりませんが、頭皮に十分な栄養が行き渡らず、毛が抜けてしまうのでしょう。

また白髪になるのはメラニン色素の生成を助ける酵素の働きが、40歳になってくるとだんだん弱くなってくるからです。

しかし、自然の変化以外に社会環境が我々に与える影響で、毛が白くなったり、髪の毛が抜けたりするのケースもあり、その現象は若い人から多く見られ、ストレス原因で白髪や脱毛が発生するケースがあるのです。

特に抜け毛では円形脱毛症などが良い例でしょう。
ストレスを無くすことで毛が戻ってきたりするケースが多くいですが、それと同様なことが白髪にもあり、ストレスが原因で髪の毛が白くなる原因の一つです。

大人になると仕事、家庭などいろいろな問題からストレスが溜まります。
それらの問題を一つ一つクリアにして、解決していければいいのですが、長引いたりするとストレスを溜めることになるのです。

ストレス発散にはスポーツ、飲酒などがあり、そういったことで一時的でもストレスを発散できれば毛が抜けたり、髪の毛が白くなったりすることはないでしょう。

髪の毛の対処以外にもストレスは病気の原因ともなりますので、普段からストレスを溜めないよう、何か趣味での発散などをするようにすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ