自分に合う白髪染めをみつけよう

白髪が目立ってきたのでそろそろ白髪染めをしてみようと思った時、思いのほか白髪染めの種類が豊富で、多くの方は迷ってしまっているのが現状です。
そんな方のためにここでは白髪染めの種類を説明します。
まず一般的に一番ポピュラーなのがヘアカラータイプです。

ヘアカラータイプはメラニン色素を分解し色素を定着させる方法で、このヘアカラータイプのメリットはむらなく染まり、仕上がりがきれいにできてしかも長持ちします。

デメリットとしては、髪の負担が大きく髪が傷んでしまい、ぱさぱさでうるおいがなくなってしまうことです。
次にヘアマニュキュアタイプは、髪の表面に染料を定着させることによって白髪を染めます。

ヘアカラーと違いメラニン色素を分解させることではなく、髪表面のたんぱく質を染色します。
髪の内部にまで浸透しないので、髪や頭皮へのダメージは少なく済みます。
また表面をコーティングすることによって、髪がつるつるさらさらの状態になります。

しかし内部までしっかり染色しているわけではなく表面をコーティングしただけですので、効果は短く洗髪を繰り返すと色が落ち、白髪が目立つようになってきます。

シャンプー、トリートメントタイプとは、毎日のシャンプーやトリートメントによって徐々に白髪を染めていくというもので、シャンプーやトリートメントですので、髪への負担が少なく髪はしなやかなまま白髪は染まります。

天然成分が配合されていることも多く、毎日使えますが、徐々に染まるため、効果が実感できるまでには時間がかかり継続していかなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ