細胞ストレスからくる白髪と染色剤

長年、白髪の発生原因について、さまざまな説が提起されてきましたが、具体的な因果関係については明らかにされてきませんでした。
生活環境からくる外的ストレスと、精神的な面からくる内的ストレス、これらが直接的に白髪を誘発するよう考えられてきましたが、実際には、紫外線や化学物質などがDNAにダメージを与え、そのダメージが蓄積されることが原因であるとする具体的な関係が明らかにされました。

そもそも、髪の毛が黒いのは、メラニン細胞が正常に形成されることによって保たれているからです。
これがメラニン色素を形成し、髪の毛の発色を行っています。

細胞ストレスによって、正常な形成が阻害されることにより、色のない髪の毛となってしまうのです。
頭髪の色によって、周りの人へ与える影響は異なります。

特に日本では、「活気」や「若々しい」イコール「黒い髪」というイメージが定着しています。
見た目は、周りの人への印象だけでなく、自分自身のメンタル面へも影響を与えます。

そこで、見た目の印象を保つための染色剤、「髪染め」を活用します。
美容室でも髪の毛の染色を行っていますが、市販の物であれば1000円程度で購入でき、比較的簡単に自分で染色ができます。

現在では、クリームタイプのものや泡タイプのものなど、さまざまな髪染めが販売されており、自分に合ったタイプの染色剤を選べ、カラーも豊富にあるので、気分によって髪の色を変える楽しみもあります。

これを機会に、楽しく白髪と付き合ってみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ