20代での白髪を改善するにはどうしたら良いでしょうか

白髪を発見したときのショックは、誰しも大きいものです。
そもそも、なぜ髪の毛が白くなるのでしょうか?
髪は毛母細胞と色素細胞からできていますが、白くなってしまうのは色素細胞に問題が起きているためです。

髪を黒くするのはメラニンで、そのメラニンを作るためには18種類のアミノ酸が必要で、そのなかにチロシンというものがあります。
そのチロシンがメラニンになるには、ミネラルの銅を必要とするのですが、その銅が不足するとメラニンを作り出すことができなくなってしまいます。

その銅が不足する原因は、ミネラル不足や老化、ストレス、喫煙、遺伝、病気、紫外線などです。
しかし、20代で白髪が出てきた場合は老化ではなく、遺伝やストレス、生活習慣、過度なダイエット、病気などが原因だと考えられます。

20代で出てしまった場合に効く薬は開発されていないので、改善していくには生活習慣の見直しを行いましょう。
まずは、栄養バランスの取れた食事をするように心がけます。

魚介類や海藻類、大豆や緑黄色野菜などを1日3回食べ、お菓子類はなるべく避けましょう。
そして、頭皮と髪の毛を清潔に保ちます。

マッサージをすると血行が良くなり、固くなった頭皮がやわらかくなって、色素細胞の働きも良くなります。
それから、ストレスをためないようにして、適度な運動を心がけることによって全身の血流も良くなるので対策になるでしょう。

また、22時から深夜2時の間に髪の元になる細胞が作られているので、遅くても24時には寝るようにすると良いです。
できてしまった白髪には、髪を傷めずに染めることができる専用トリーメントをお勧めします。

3000円台くらいで購入でき、色々なメーカーから発売されていますので、自分の好みの物を見つけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ