妊娠前後に白髪が増える原因と予防

女性が白髪を気にするようになるのは、妊娠中や出産後、更年期という体の変化が起きた時期からです。
理由はいくつか考えられますが、まずは女性ホルモンのバランスによる影響があります。
この女性ホルモンは、妊娠中は通常の100~1000倍に増えると言われていて、その中には、エストロゲンといって毛髪の育成を促進するものがあり、このエストロゲンも増えるので、この時期は毛が抜けにくくなるのです。

ただし、出産が終わると、一気にこの数値が通常値に向かって減少していきます。
こういったホルモンの分泌量が変動することにより、出産後は抜け毛が多くなったり、白髪が増えたりします。

では、ホルモンが増えるこの時期は、なぜ髪への影響がでるのでしょうか。
それには、栄養不足が考えられます。

妊婦が摂取した栄養は胎児へと送られます。
それにより、自身の毛髪も成長するための栄養が不足し、抜け毛や白髪の原因になります。

また、髪の毛に対する変化に悩んでしまうことでストレスになったり、育児や家事で寝不足が続いたりということが原因になる場合もあります。

妊婦がヘアカラーをするのはお勧めしませんが、出産後には行うこともできますので、あまり深刻になりすぎず、ストレスを溜めないように過ごすことが大切です。

特に妊娠中は、いろいろなことをいつもより深刻に考えがちな時期でもあります。

ホルモンのバランスの変化については自然な現象ですが、自身でできることは、栄養を十分にとるためにバランスのとれた食事をすることと、ストレスを溜めすぎないこと、これらが1番の予防であり赤ちゃんのためにもなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ