白髪になる原因とその対策について

これまでは、髪の毛が白くなるのは、年齢が40歳を超えたら自然となるものだと思われていました。
しかし近年になり、なぜ髪の毛が白くなるかという白髪のメカニズムが解明されてきました。
また、髪の毛が白くなるのが若い20歳ぐらいから発生しているケースもあり、その原因について、加齢だけでないのではと思われてきたのです。

髪の毛のメラニン色素が抜けて白くなるのですが、メラニン色素を作り出す酵素の働きが40歳ぐらいになりますと低下してきます。

そのため、40歳くらいから髪が白くなり始めるのです。
しかし、若い人が白髪になるのは年齢が原因ではありません。

食生活の変化や生活サイクルの変化と、ストレスが大きく関係していると言われています。
特にストレスについては、髪の毛が白くなるだけでなく抜けてしまう原因ともされています。

円形脱毛症などは、ストレスが原因となっている典型です。
ストレスの原因がなくなり、ストレス自体がなくなることで脱毛症が治ったりしたり、髪の毛が白くなったのが元に戻ったというケースもあります。

また、現代の食生活においては、肉類や油の多い欧米型の食生活に変化しており、従来の日本食が少なくなってきていることも白髪の原因の1つと考えられています。

また、これはストレスとも関係していますが、夜にしっかりとした睡眠をとらない生活サイクルになってきています。
社会や環境の変化で仕方ないと思われがちですが、これらの原因を意識して、少しでも改善することが対策になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ