白髪の原因とその予防方法について

髪の毛が白くなるのは、年齢を重ねることで出てくる自然の姿だと思われていましたが、白髪の原因は、髪の毛のメラニン色素が衰えるからなのです。
そして、メラニン色素の生成に欠かすことができない酵素があり、その酵素の働きが加齢により衰えてくることが挙げられます。
また他にも、毛母細胞に悪影響を与えるシャンプーやヘアスプレー、そして、紫外線の影響も原因の1つと考えられています。

これらの原因に対して対処していくことが、白髪を防ぐことに繋がります。
では、酵素の働きを活発にするにはどうしたらいいのでしょうか。

それにはまず、頭皮に十分な栄養が行き渡るようマッサージを行なったり、シャンプーなどを変えることで改善できますし、食生活の見直しでも白髪を予防できます。

食生活では、亜鉛、銅、ヨウ素が良いとされています。
それらを効果的に摂取するには、肉類、ほうれん草、牡蠣などを食べると良く、銅はレバーや納豆などに含まれています。

他にも、海藻やバナナなども髪に良いとされています。
いろいろな食材を偏りなく食べることが大切です。

しかし、一人暮らしや生活環境により、ファストフードや市販のお弁当ばかりになってしまうケースも少なくありません。
そんな時は、サプリメントなどで栄養分をカバーする方法が手軽で継続が簡単です。

また、シャンプーなどでは、アルカリ系は頭皮に刺激を与えるので、血行促進や皮脂の汚れなどを落とす機能がある薬用のものをお勧めします。
他にも、睡眠や休息を十分に取り、ストレスを溜めないことが白髪を改善する秘訣です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ