用途に合わせて白髪用のヘアカラーリングをしよう

年齢を重ねるごとに気になり始めてくる髪の悩みとして白髪が挙げられますが、この髪を目立たなくするためのヘアカラーリング剤にはいくつかのタイプがあります。
1つはヘアカラータイプと呼ばれて一般的によく使用されているもので、シャンプーを行っても色落ちせず、2ヶ月から3ヶ月という長い期間色が長持ちします。

しっかりと染めたいという人や、染毛効果を出来るだけ長持ちさせたいといった人にはこちらがお勧めです。
ヘアマニキュアタイプは、ヘアカラータイプに比べると色持ちはそれほどありませんが、髪に対してのダメージが少なくて済みます。

髪の毛に良い成分が配合された商品も中にはあり、髪質や髪の健康が気になるには理想的なタイプと言えるでしょう。
スプレーやパウダータイプは、髪の表面に色を付着させて一時的に染めるもので、シャンプーなどを使って簡単に落とすことが出来ます。

頭髪全部を染めるまでもないけれど少し染めたいという人や、急いでいる際にさっと染めてしまいたい時でも簡単に使えるのが特徴です。

このように、自分で染める以外にも、白髪は美容院や美容室で染めてもらうことも可能で、その際、仕上がりイメージに近い写真や画像を持って行くと、より自分の理想の仕上がりに近付けます。

また、髪型や雰囲気は違うけれど髪色はこうした色にしたいというように、完全に合致した写真でなくてもイメージを伝えるには重要な素材なので、考えている理想を共有するためにもどんどん伝えましょう。

白髪染め用のカラーリングは、家庭で自ら試してもプロに頼んでも良いですが、染めたい頻度や量を考えた上で選ぶ事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ