白髪染めの使用頻度と使用法について

薄毛と共に髪の毛の大きな悩みの一つである白髪ですが、目立ち始める30代から40代の女性は白髪染めを使う事に抵抗があり、一般的なヘアカラーを使用しているケースが多いようです。
毛染めは毛髪の色を濃くしてしまうか、逆に薄くするか、発色させたい色次第で成分の量や配合が変わってきます。
ヘアカラーは黒い毛が上手く染まるように、白髪染めは白髪が上手く染まるように作られていますので、白髪が数本程度の時はヘアカラーでも充分ですが、目立ってきたら白髪染めを使う方が効果的だと言えます。

使用頻度は白髪の量や伸びるペースにもよりますが、髪の毛は平均的に1ヶ月で約1センチ伸びるので、白髪の量が多い方の場合は2~3週間で白髪が目立ってきます。

多くの人は2ヶ月に1回程度のペースで美容室で白髪を染め、その間の期間は自分で白髪の目立つ生え際やフェイスラインを中心に部分的に染めてケアしている傾向です。

ただし、市販の毛染めはよく染まりますが、刺激も強く頭皮や髪を傷めるリスクを持ち合わせています。
加えて、自分で行うのは難しく、仕上がりも思い通りに行かない事も想定されます。

染め残しや染めムラを見つけて何度もやり直しをして染める頻度が多くなれば、毛髪や頭皮を傷める事に繋がってしまいます。
ですから、パッケージに記載されている説明や注意書きを良く読んで、使用量や放置時間をしっかり守って行いましょう。

また、薬剤はなるべく頭皮に付けないようにし、決められた放置時間が経過したらすぐにぬるま湯で洗い流します。
その後、シャンプーを使ってもう一度良く洗い、頭皮や髪に液が残らないように注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ