若白髪の原因と対策について

30代を迎えると肌の衰えを感じ、その年代を「お肌の曲がり角」と表現しますが、頭皮や髪も同じように30代頃から「曲がり角」を迎えて少しずつ白髪が出始めます。
しかし、中には10代や20代前半で白髪が発生してしまう人もいて、最近急増しています。
若白髪の主な原因は3つあり、まず1つ目には遺伝的要因が挙げられ、統計的にみると長男は母方、長女は父方の遺伝的影響を受けやすいと言われており、実際両親共に若くして白髪に悩んでいた場合や親のどちらかがそうだった場合、その子供が若白髪になるケースは多いです。

2つ目に精神的ストレスが考えられ、白髪とストレスは密接な関係にあるとされています。

自分では意識していなくても、仕事や受験、人間関係などが原因でストレスが溜まる事で血行が悪くなり、それが頭皮に影響して毛根や色素細胞の働きを悪くする為白髪が増えるのです。

3つ目は過度なダイエットによる栄養不足が挙げられ、過剰な体重減量を行うダイエットは、栄養不足により頭皮周辺の細胞の弱体化が進みます。

身体の働きにも健康維持の優先順位があり、髪の毛の機能や役割は生命維持に関係しないので、栄養補給も後回しになり色素細胞に栄養が行き届かなくなります。

他にも、突然白髪が増えた場合には自己免疫疾患や悪性の貧血症、甲状腺疾患などがありますが、若い世代の白髪の原因のほとんどは、遺伝とストレスとダイエットによるミネラル不足です。

ですから、規則正しい生活を送って良質のたんぱく質を摂取し、ストレス解消を心掛ける事で改善されます。
また、亜鉛や銅といったミネラル分を含む食品も有効なので、積極的に摂りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ