綺麗に染めるなら白髪用ヘアマニキュア

加齢による老化現象やストレス、遺伝など、様々なことが原因で生えてくる白髪は、医学的に解明されていない部分が多いのが現状で、多くの人を悩ませる問題の一つです。
対策として毛染め剤などで隠す人が多く、理美容院で染めることが一番なのですが、通常のカラーリングとは違い伸びた部分や色落ちした部分が目立ち易く、時間や金銭面などから通い続けることはなかなか難しいと言えます。

家庭で出来る方法として、白髪用のヘアカラーやヘアマニキュアがありますが、それぞれにメリットデメリットがあるので、お互いのメリットを生かした方法で染めることがポイントです。

ヘアカラーは、髪のキューティクルを開いて毛染め剤を髪の内部まで浸透させ、メラニン色素を分解することで脱色し、染料と結合させて染めるので、1~2ヶ月と持続性はありますが、髪に与えるダメージも大きく傷みやすいです。

ヘアマニキュアは、髪の表面や表面に近い内部に染料を付け、メラニン色素は分解せずにイオン結合を利用してキューティクルを保護してコーティングするので、髪は傷めませんが剥がれ易い為、2~3週間ほどしか持続性がありません。

しっかり染めたい場合はヘアカラー、自然に目立たなくしたい場合にはヘアマニキュアがお勧めということになりますが、一番効率がいいのは、それぞれの期間を空けて交互に併用し、メリットとデメリットを補い合うという方法です。

また、最近の市販されている白髪用ヘアマニキュアは、ヘアカラー剤にヘアマニキュアの成分が含有されているマニキュアがほとんどなので、髪を多少は傷めることにはなりますが綺麗に染めることが可能なので、まずは試してみるのはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ