鼻毛の白髪の仕組みと対策

頭の髪の毛が白くなるのは知られていますが、鼻毛まで白くなる事はあまり知られていません。
体毛を含めて、全ての黒い毛は白髪になる可能性があり、体毛には人種や遺伝によってある特定の色があります。
この色を決定している物がメラニン色素です。

メラニン色素には、黒か茶褐色のユーメラニンと、赤褐色か黄色のフォオメラニンがあります。
この色素の働きによって毛髪の色が決まり、反対に、この色素が完全に失われた時に毛が白くなるのです。

メラニン色素を作る色素細胞の動きが年と共に鈍くなる事も原因で、鼻毛の役割は鼻呼吸で酸素を取り込む時に、異物から気管支を保護するフィルターの役割をしています。

毛の特徴としては、男性ホルモンの影響で男性の方が、女性より太く長い毛が生えますが、他の体毛より白くなる順番が早い事も特徴です。

生えやすくなる要因で挙げられるのが、老化、血行不良、栄養・運動・睡眠不足、ストレス、喫煙と言われており、改善するには、これらの要因を解決して、血行を良くする事が一番の近道です。

血行が良くなると、細胞の隅々まで栄養素が行き届き、健康で丈夫な毛が育ちます。

血行不良の対策は、ビタミンEを摂る(アンコウの肝・筋子・いくら等)、バランスの良い食事、お風呂での入浴、適度な運動(血行促進・ストレス発散)、睡眠(成長ホルモンの分泌で代謝を促進)、ストレス発散等があります。

血行不良で気を付けたいのが鼻炎で、鼻炎は鼻の周りの血行が悪くなるので、耳鼻科で治療して対策をとりましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ