市販の白髪染めの種類と選び方

年齢と共に気になってくるのが白髪ですが、自宅でケアする物から美容室でのケアまで、様々な方法があります。
まず白髪染めには幾つかの種類があり、1つ目は色持ちが良く定着しやすい永久染毛剤です。
しかし、過酸化水素など頭皮や髪を傷めやすいのが難点で、市販品ではヘアカラー・ヘアダイという分類になります。

2つ目は、ヘアマニキュア・トリートメント・ヘナ・ヘアマスカラ等の半永久染毛剤で、ヘアマニキュアは髪の表面を染料で包んで色付けします。
トリートメント・ヘナは染料を髪内部に染み込ませ色付けする仕組みとなっており、色持ちは約1週間から1ヶ月程度です。

3つ目は、ヘアスプレー・ヘアファンデーション等の一時染毛剤で、髪の表面のみに染料を付けて色付けする仕組みで、皮脂や汗でも取れず、時間をかけずに手軽に染められます。

落とし方はシャンプーで洗い流すだけなので、後処理も楽です。
次に市販品の選び方ですが、ヘアカラーは色持ちと色の再現性が高いので、明るい色で染めたい時や髪の根元を染めたい時に選びます。

ダメージが大きいため、3ヶ月に1回の全体染めに使用します。
ヘアマニキュアは髪を薬剤が包むことで光の反射により輝いて見えるため、ツヤを出したい場合に有効です。

トリートメント・ヘナは即効性がある物ではなく、毎日使って優しく染めていく物なので、髪を傷めたくない人や根元の白髪が気になる人に最適と言えます。

白髪隠し・ぼかし等は髪や頭皮に一番負担が少なく、一時的に使用する物なので応急処置として便利です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ