白髪を部分的に染めるなら手軽に使用出来るタイプのものがお勧め

黒髪の中に白く生えた白髪は少ない量であったとしても目立つため、出来る限り隠したい、染めてしまいたいという考えを持っている人は少なからずいるでしょう。
美容院や美容室といった場所でも勿論染められますが、まばらに生えている程度なら、市販の白髪染めを使用して自宅で染めることをお勧めします。

染めるのに必要な時間はそれほどかかりませんし、値段もリーズナブルな商品を使えば1,000円以内で染めることも出来ます。

販売されている種類は非常に豊富で、泡タイプやクリームタイプなどがあり、部分染めでしたらマスカラタイプ、口紅タイプ、刷毛タイプがより手軽に染められて良いでしょう。

マスカラタイプは入っている容量自体が少なめなので大きな面積を染めることは難しいですが、生え際やサイド辺りから伸びてきた白い髪を染める時には便利で、数本だけやごく一部をさっと染めてしまいたい場合など、1つ持っているととても役立ちます。

口紅タイプも、生え際や分け目にある白髪を染められるもので、コンパクトなスティック状の形をしていますから持ち運びも便利で、急な外出といった時などでも簡単に染められ、シャンプーで簡単に落とすことが出来るという手軽なタイプです。

最後に刷毛タイプは、見た目が少し太めの筆ペンのような形状をしており、持つ箇所を押すと中の染料が出てきます。

マスカラや口紅タイプと違う点は、塗布する度にだんだん染まっていく所で、数回使用すると白髪が染まります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ