泡タイプの白髪染めのメリット

健康な髪は1日に0.3ミリ~0.4ミリずつ伸び、50~100本程度抜けています。
生活習慣や遺伝などの要因で個人差はあるものの、30歳~35歳をピークに髪の成長周期は乱れ髪の老化が始まるとされています。
髪の毛の量や色は見た目年齢に影響を与えるので、出来れば髪の老化を遅らせて元気で美しい髪を保ちたいものです。

しかし、紫外線や乾燥などの環境によるダメージやストレス、ホルモンバランスの乱れで髪は老化し、少しずつ白髪が生え始めます。
白髪は年齢を感じさせるので抜いて対処するという人も少なくありませんが、無理に抜く事で毛根が傷つくので良くありません。

やはり、白髪は染める事で対処した方が賢明ですが、自宅でヘアカラーを使って髪を染めるのは慣れていないとかなり大変です。

クリームタイプはコームに付けて全体を塗ろうとしても後頭部の様な自分では見えない所や生え際に染料を塗り付けるには慣れや技術を要し、上手く塗れずムラになるケースも多く見受けられます。

ところが、泡で染められるタイプは薬剤を混ぜる手間がなく、手でまんべんなく揉み込めるので、耳元や生え際、後ろ髪も簡単に染められます。
スタイリング剤感覚で液だれすることなく髪の奥まで吸着してしっかり染まるので、初めて白髪染めをする人でも簡単に使いこなせます。

使いきりタイプの製品も存在しますが据え置きタイプも販売されており、こちらはボトルに残った分も次回使用可能で無駄がなく経済的です。

効果も従来の白髪染めと変わらないので、ヘアカラーに慣れていない人には、ムラなく綺麗に染め上がる泡タイプをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ