白髪の部分染めに適しているタイプ

白髪が生え際といった一部分だけ出ている場合、髪全体を染めてしまうという方法もありますが、より簡単なのは部分染めに適しているタイプを使用することです。
このタイプであれば手軽に色を付けられますし、一部分だけなので髪の毛や頭皮へのダメージも最小限に抑えられます。
白い髪の毛を部分染め出来るお勧めの物には、刷毛タイプ、泡タイプ、マスカラタイプなどいくつかの種類があります。

刷毛タイプは少し太めの筆ペンのような形状をしており、持ち手をワンプッシュすると刷毛先から染料が出て、気になる箇所だけ色が付けられます。
手袋やヘアキャップといった髪染めの準備は不要で、乾いたら色も落ちないため、外出前の身だしなみとしても使えます。

また、使用し続ければ色がだんだん定着して染まっていく商品も中にはあり、非常に便利です。
泡タイプは髪に馴染ませやすいのが特徴で、染料が垂れにくく、薬剤がその場に留まってくれるのでムラなく気になる箇所を染められます。

生え際や数本だけ生えた白髪などは勿論ですが、部分的に色付けをしたい箇所が少し広めの場合は、特にこのタイプがお勧めです。

マスカラタイプはまつ毛に使用するマスカラと同じような形をしており、気になる箇所をブラシでさっと塗るだけで、塗った時に色がそのまま染まっていくものと、シャンプーなどで髪を洗えば簡単に落ちるものがあります。

他のタイプに比べると容量は少なめなので、ごく一部の数本だけ染めたい場合はこちらの利用がとても便利です。

白髪の部分染めには、気になる箇所だけを狙って染めやすいこのような商品を使いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ