Lシステインと白髪の副作用

シミ・そばかすを解消する方法として良く使われる物が、いわゆる美白サプリと呼ばれるサプリメントです。
その美白サプリの主成分として配合されているのがLシステインで、この成分は皮膚や髪の毛、爪など私達の体の中に多く存在しており、体の内側から代謝を助けています。
代謝の他には、肌の生まれ変わりを助け、気になる肌トラブルを改善する働きもあります。

Lシステインが含まれている食品には、小麦胚芽、大豆、鶏肉、卵などがありますが、効果的な量を摂れないことが難点です。
その為、欠乏している状態になりやすく、きちんと摂取する必要があります。

女性に嬉しい効果をもたらしてくれる美白サプリの定番と言えば、エスエス製薬の「ハイチオールC」とエーザイの「チョコラBB」です。
どちらも美容効果に特化しており、日焼け時の色素沈着を防ぐ働きで、シミ・そばかすを抑えます。

Lシステインは髪の成分の16%を占めており、綺麗な髪を保つには重要な働きをしていますが、シミやそばかすの素のメラニン色素の生成を抑えて肌を白くする成分の為、摂りすぎると白髪が増加するという副作用があります。

長期に飲み続けると、髪の毛が白くなっていくのは当然考えられます。
副作用を解消する方法は、ビオチンという白髪防止成分を含んだサプリメントを一緒に飲むことです。

サプリメントは、あくまで栄養補助の目的で使用される物なので、摂りすぎると副作用を招くおそれがあります。

きちんと用法と容量を守って飲むことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ