白髪の主な原因とそれぞれに適した対策方法

年を重ねると多くの人が経験する白髪ですが、そのメカニズムは完全に解明されていませんでした。
しかし、いくつかの研究機関が白くなる髪の原因解明に取り組み、徐々にその原因がわかりつつあります。
主な要因には「メラニン不足」「過酸化水素の蓄積」「成長ホルモン不足」の三つが挙げられますが、こういった点を予防すれば、白い髪になる発生をある程度抑える事が可能です。

一つ目のメラニン不足は、メラニンを作る機能の低下とその元となるチロシンの減少が原因で、チロシンは食べ物で摂取出来ます。

特にチーズと大豆食品に多く含まれており、納豆や豆腐など普段の食生活に取り入れやすい物ばかりなので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の過酸化水素の蓄積ですが、これは生活習慣が大きく影響しており、食べ物や日用品にも過酸化水素を発生させる物があります。
例えば、歯磨き粉は歯を白くする成分に過酸化水素が含まれており、一部の脱色剤やコンタクト洗浄剤にも入っています。

これらを利用する場合は、洗浄の徹底や肌に触れない様に注意して、白髪の発生を抑制していきましょう。
最後の成長ホルモンの不足ですが、これは加齢により分泌量が減少するのが要因です。

分泌量を補う為に成長ホルモン注射の投与があり、白髪の改善はもちろんですが、健康促進やアンチエイジングにも効果が期待されます。
その他にも、規則正しい食生活や適度な運動で予防対策が可能なので、まずは自分が無理なく出来る所から始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:白髪染め

このページの先頭へ