タバコを吸えるところが減り止める人が増えているが、禁煙のきっかけは様々です

最近はレストランや娯楽施設などでもタバコを吸えるところがだんだんと減ってきており、禁煙する人も増えてきています。
吸えるところが減ってきているからという理由の他にも、タバコの値段がどんどん上がってきたということや、環境によくないからということ、または健康の為など、人にとって止めようと決意するきっかけになる理由は様々です。

喫煙者にとって、タバコを止めるという事は大変な努力と決意が必要となります。
吸うことが習慣化している方もいますし、気持ちを落ち着かせる為に吸う方や、ニコチン中毒で依存してしまっている方もいます。

吸わないように我慢をしているせいでイライラしたり、ストレスが溜まったりと、簡単に止められないケースが多く見られます。

止めるために色々なグッズを使用したり、代わりにあめやガムなどを食べて我慢をしたり、少しずつ本数を減らして吸わないようにしたり、きっぱりと一本も吸わないと決意したりと、禁煙方法も様々です。

吸わなくなってから体調や肌の調子が良くなったりという身体の変化や、食事が美味しく感じられるようになったり、周りで吸っている人の臭いが気になるようになったりと、日常生活の中で色々な変化が出るようになります。

自分の健康の為に吸うのを止めることも大切ですが、喫煙することで自分だけではなく、副流煙の被害にあってしまう周りの人や環境の為にも、大変な努力ではありますが、禁煙する事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ