禁煙によるニコチン離脱症状は様々です

タバコを止めたことによるニコチン離脱症状として代表的なものに、イライラしたり、焦燥感があったり、落ち着かないなどがあります。
こうしたイライラなどが我慢できそうにない場合、パッチやガムによるニコチン置換療法を利用することで大幅に緩和され、最も効果的です。
タバコを止めてから頭痛に悩まされる場合もあります。

あまりに頭痛が酷いようなら、病院で頭痛薬を処方してもらいましょう。
また、日中の眠気に悩まされる場合に関しては、当たり前のようですが、眠るのが一番の対処法です。

そして、集中力の低下が起こる場合は、軽い運動が効果的です。
タバコを止めた際に感じる空腹感は、体がニコチンを要求する感覚が空腹感に似ているために起こるものです。

あくまで脳の錯覚なのですが、ちょっとしたものを口にしたり、歯を磨くなどで症状を緩和することができます。
ニコチン離脱症状のピークは、タバコを止めてから3日以内、およそ1週間から長くても2週間から3週間で消失するといわれています。

個人差が激しいため、消失するまでの間どの程度我慢するのがつらいのかは一概には言えません。

その期間を自力で耐えるのがお金もかからず一番良い方法なのですが、場合によってはパッチやガムによるニコチン置換療法の利用を検討することをお勧めします。

また、ニコチン離脱症状のピークは何も出来なくなるほどつらいといった場合もあるため、週末や連休などに来るように、禁煙を開始する時期を調節するとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ