ニコチン離脱症状は、禁煙ガムを使用することで大きく緩和することができます

禁煙を始めると、イライラしたり集中できないなどのニコチン不足による様々な症状が起こりますが、これをニコチン離脱症状(禁断症状)といいます。
禁煙開始から1週間から2週間以上もの長い間、このニコチン離脱症状に悩まされるため、禁煙失敗の大きな原因となっています。

しかし、禁煙ガムを使用することで、この症状を大きく緩和することができます。
自力で耐えるよりもはるかに少ない負担でタバコの身体的依存を克服することが可能となるのです。

禁煙ガムを使ったニコチン置換療法により、イライラを感じることなく、タバコを吸わずに生活するという体験は、タバコの心理的依存の克服にも大きな助けとなるでしょう。

自力でニコチン離脱症状を耐えた場合には、ニコチン離脱症状を強く感じてしまい、せっかく身体的依存は克服したのに、ますますタバコへの心理的依存を強めてしまうことになりかねません。

禁煙の最大の難関であるニコチン離脱症状を乗り越えることができれば、禁煙達成に大きく近づくことができます。
使い方は普通のガムとは違い、規定の回数を噛んだ後は頬と歯茎の間にガムを挟んでおきます。

挟んだガムのぴりぴりした刺激が無くなってきたらまた噛んでから挟み、これを繰り返していきます。
この方法は効果が出るのも早く、使用してすぐにタバコを吸った時のようにイライラが消えていくのを実感できるでしょう。

禁煙ガムを使って、イライラを感じずに禁煙達成を目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ