ハーブシガレットで禁煙を成功させるには

禁煙を成功させるためのグッズには、様々なものが売られています。
そういったグッズのひとつとして、ハーブシガレットがあり、これは名前の通り天然のハーブで作られており、ニコチンは含まれていません。
同じようにニコチンが含まれていないパイポや電子タバコと大きく違う点として、実際にタバコのように煙を吸うことができることが挙げられます。

ニコチンが含まれていないため依存性はなく、せっかくタバコを止めたのに今度はハーブシガレットが止められないといった心配もありません。

タバコには、タバコを吸っていたという生活習慣によって、体内のニコチンが不足しているわけではないのに、タバコを吸ってしまうという心理的依存があります。

ハーブシガレットの場合は実際に煙を吸うという行為が可能なため、喫煙したという感覚をよりリアルに味わうことができます。

心理的依存の克服には、ニコチンを実際に摂取する必要はないので、禁煙の段階がニコチン離脱症状(禁断症状)を乗り越えている場合、非常にお勧めのグッズです。

逆に、タバコを止めてから1週間から2週間程度続くことになるニコチン離脱症状に苦しんでいる段階では、禁煙パッチやガムによるニコチン置換療法を利用することをお勧めします。

ニコチンが含まれていないグッズは、身体的依存による症状の緩和には気休めにしかならないため、禁断症状を我慢する生活を送ることになり、タバコを止めることはつらいものとしてマイナスイメージを抱えてしまうことにつながります。

段階に合わせて上手にグッズを使い分けることで、無理なく禁煙を成功させることができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ