禁煙は、医師に禁煙サポートをしてもらえれば良い助けになります

最近では、病院に禁煙外来が出来ています。
病院にもよりますが、決まった日時に診療を行っているもので、禁煙の意志がある人に対して、保険を使って治療を行うというものです。
喫煙者にとって、禁煙するということはとても強い意志が必要となります。

ついつい誘惑に負けて、何度も失敗しているという人も多いでしょう。
そんな時に、病院で医師に禁煙サポートをしてもらえれば心強いといえます。

ただし、保険が適用されるためには、禁煙する意志があるという誓約書に記入をしなければいけません。
保険診療の金額は組合などの保険料から支払われているわけですから、軽い気持ちで試してみようというのでは保険は適用されないのです。

具体的な治療は、薬を使って禁煙をしていきます。
その際、タバコを吸いたくなくなる、ニコチンをとると気分が悪くなるような効果の薬を使用します。

その効果を徐々に弱めていき、最終的に禁煙にいたるというシステムです。
年々、タバコ税も上がっており、一気に価格が上がった年は禁煙を試みる人も多く、薬が安定供給されないということもありました。
そのため、病院によっては新規の患者さんの受付をストップしているほどの人気でした。

市販されている禁煙グッズを使用するよりも、病院に通って医師に診察してもらっているということや禁煙サポートを受けているということは、禁煙の意志を強く持つことが出来るため良い助けになります。
何度も禁煙に失敗しているのであれば、こういったサポートをうまく利用すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ