禁煙パッチは、喫煙者には辛い感覚を抑える禁煙補助薬剤の一種

禁煙パッチとは、禁煙時に禁断症状や離脱症状と呼ばれる、喫煙者には辛い感覚を抑える禁煙補助薬剤の一種です。
丸い膏薬のようなシール状のもので、腕の内側やお腹に貼り付けます。
すぐに効果は出てきて、不思議と煙草が吸いたい気持ちが抑えられていることに気付くでしょう。

この効果は、喫煙者の血液中にあるニコチンなどの成分を外皮から取り込んで、煙草自体からではなく禁煙パッチから吸収するものであり、喫煙者からみると、合理的に発案された禁煙補助薬剤だと感心してしまいます。

まず、禁煙直後は、比較的大きなパッチから始め、禁煙が続くようであれば、だんだんと小さいパッチにしていきます。

このパッチは、医師による処方箋を必要としないので、身近なドラッグストアでも販売しています。
現在は、社会の雰囲気が禁煙の方向にありますから、数種類のタイプが販売されているのも頷けます。

実際に値段をみてみると、結構、高価なものであると感じますが、用法や用量を確認すると、煙草を1日に1箱吸うのに比較するのとそれ程変わらない、むしろ安いぐらいです。

このように、禁煙パッチは身近で販売されているので比較的手に入りやすく、効果も早く現れることから、禁煙による苦痛も少なく禁煙に取り組めるものとしてお勧めできます。

しかし、煙草の煙を肺に入れて、楽しむような感覚は当然ありません。
やはり、禁煙する意思を補助する薬剤ということを忘れてはならないと言えます。
禁煙は、何かによってしてもらえるものではなく、自分の意思でなすものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ