離脱症状を最小限に抑える禁煙補助剤

毎年多くの人が、喫煙が原因で命を落としています。
副流煙による被害も多く報告されているため、煙草には害があるとほとんどの人が理解しているものの、自力で禁煙に成功した人はとても少ないのが現状です。
しかし、禁煙補助剤を使用すれば、より効果的に、そして楽に禁煙を達成する事が出来ます。

禁煙補助剤は薬局で購入が可能な物と医療機関で処方される物があり、病院を受診すると医師のカウンセリングの下で自分に最適な方法と薬で禁煙に挑めるだけでなく、条件を満たせば保険が適用になるのでお勧めです。

そして、禁煙中の一番辛いことと言えば、離脱症状ではないでしょうか。

煙草を吸いたいと思う欲求は中毒に似た所があるため、ニコチンが切れると手が震えたり冷汗が出たりという現象が起きますが、これらを避けるには、吸いたいと思った時に冷たい水や熱いお茶を飲んだり、深呼吸をしたり、屋外の散歩をしてリフレッシュするのが良いでしょう。

その行動に加えて禁煙補助剤を使用すれば、離脱症状を最小限に抑えられます。

パッチとガムに代表されるニコチン製剤では心理的、行動的依存からの脱出を、飲み薬のバレニクリンは脳のニコチン受容体に働きかけて再喫煙の際の快感や満足感を少なくします。

万が一我慢が出来ずに途中で1本吸ってしまったとしても、めげずにまたチャレンジを繰り返すうちに本数の間隔が開いていき、最終的に吸わなくとも辛くない状態まで持っていけます。

この薬を使用する際に必要なのは、煙草を吸わないという行為ではなく、止めたいと思う強い気持ちです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ