たばこを止めるのにおすすめの禁煙方法

たばこは吸う本人と周囲の人々の健康に影響をもたらす物で、その煙には三大物質と呼ばれる成分が入っています。
タールには40種類以上の発がん性物質が含まれ、血液の酸素運搬機能を阻害する一酸化炭素は組織の酸素欠乏を引き起こし、ニコチンは血管を収縮させます。
このような私達の健康に影響を与えるたばこを止めて禁煙をするには、いくつかのおすすめの方法が挙げられます。

まず1つ目はニコチンガムを使用する方法で、たばこを吸いたくなった時にこのガムを噛むと体内にニコチンが補われるので吸いたい衝動を抑えられます。

急いで噛んでしまうとニコチンが多く出てしまい効果があまりないので、自分に必要な量のガムを使うことが大切です。

正しい噛み方としては、口の中へ入れた後15回程噛みニコチンの味を感じたら噛むのを止め約1分間その状態を保ち、頬と歯茎の間にガムを挟んでおきます。

これを繰り返し行い、30分から1時間掛けてゆっくり噛むと良いでしょう。
続いて紹介するのはお茶を飲んでたばこを止める方法で、イライラや集中出来ないなどのニコチン離脱症状を緩和してくれる作用がお茶にはあります。

また、常温の状態よりも冷やした物、あるいは温かくしたお茶が効果的で、多く体に取り入れることで、体内に溜まった毒素などを排出するデトックス効果も期待出来ますので普段から積極的に飲むと良いでしょう。

たばこを止めれば肌の調子が良くなったり、口臭が無くなる、呼吸が楽になるといったメリットがあるので、こうしたおすすめの禁煙方法を試してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ