禁煙するには脳を変えるのが良い

禁煙するにはどういった方法が良いのでしょうか。
痛みを避けて快楽を求めるのは人間の脳にインプットされた本能であるため、快楽物質のドーパミンの放出を促す喫煙をなかなか止められないのは仕方がない事とも言えます。
しかし、煙草がどんどん値上がりし、健康への影響も騒がれている昨今では、やはり吸わない選択が賢明です。

すっぱりと今日止めてしまうのが一番良いのですが、それが出来るのならもともと苦労はしないので、準備を万端に整えて、日数をかけて本数をゼロにまで減らしていく方法をお勧めします。

まず、自分の好きな味ではない銘柄を用意し、煙はすぐに吐き出さずに口の中に20から30秒溜めたままにして煙草の不味さを舌で感じさせる方法が最も効果的で、更に探すのが面倒になるよう灰皿やライターも含めて置き場所をまめに変えるのも良いでしょう。

また、食事の内容を、煙草と相性の良くない野菜や果物を中心にすると尿がアルカリ化してニコチンが体から排出されるスピードを遅らせ、しかもそれらにはニコチン切れの症状を緩和させる効果もあります。

他にも、タスポを持ち歩かない、煙草の箱に3本以上入れておかない、灰皿を携帯しないなどの方法も地味ながらも効果があり、すぐに吸えない環境は、人間の脳に「喫煙は面倒」という印象を植え付けます。

電子煙草やタブレットなどの補助的役割をする物も販売されていますが、周囲の人に禁煙を宣言すると挫折した時に意志の弱い人という印象を持たれかねない恐怖感から、補助品を使用するより長く耐えられる可能性が大きくなります。

この様に、禁煙するには脳が煙草を求めないように植え付ける小さな努力が必要不可欠なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ