禁煙パッチの効果について

タバコの害が身体に及ぼす影響は、血管を収縮させたり、発がん性・心疾患のリスクを伴ったり、喫煙者と同居している人への副流煙で肺がんリスクが20%~30%も増加する等、悪い事ばかりです。
そして、喫煙してない人よりも寿命が10年間も短くなり、歯や歯茎が着色したり、口臭、白髪、頭皮の脱毛等の悪影響で老けて見える事も分かっています。

しかし禁煙は難しく、その理由は、タバコの煙の害によってニコチン依存症になるからです。
自分の意志ではどうにもならない時は、救世主とも言われる禁煙パッチを利用しましょう。

1999年から医療用として使われてきており、2008年から一部が一般医薬品として販売され、薬局やドラッグストアで購入できる為、医療機関を受診する必要がなく手軽に始められます。

例えば、ノバルティスファーマから販売されているニコチネルパッチは、国内で長く利用され安全性や効果面での実績があり、テレビCMなどで知名度が高いです。

このニコチネルパッチを貼付すると、経皮吸収治療システムによって、必要レベルのニコチンを皮膚へ放出して、ニコチン切れのイライラや集中困難などの症状を緩和する効果があります。

利用には2ステップあり、まず1ステップはニコチネルパッチ20を1日1回、1枚を起床時から就寝時まで貼付を6週間続けます。
次の2ステップは、ニコチネルパッチ10を1日1回を使用し、1枚を2週間続けます。

合計8週間で無理なく離脱症状が収まります。
他にも、喫煙したくなったら噛むガムタイプも販売されていますが、仕事中にガムを噛むのは気がひけたり、歯や顎に自信のない人には不向きです。

禁煙パッチの効果に期待して、ニコチネルパッチを使ってみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ