無理なく禁煙する方法について

健康増進法の施行やレストランの分煙、駅のホームの喫煙ルーム設置など、喫煙者はどんどん肩身が狭くなり、煙草を吸う場所の確保が面倒になる他、大幅な値上げにより家計や小遣いを圧迫するような状況になっています。
そのようなことを背景に禁煙を試みる人も多くなりましたが、病院へ行ったり薬に頼ったりしなくても自分で無理なく禁煙できる方法があるのです。
まずは、それを禁煙だと思わないところから始めましょう。

吸ってはいけないと考えるとストレスがどんどん溜まり、そのストレスからますます煙草が欲しくなるという悪循環に陥ります。
ですから禁煙ではなく「卒煙」と考え、毎日の生活に煙草が無い新しい人生に向かうひとつのプロセスとして受け止めると成功しやすいです。

また、禁煙は1度で成功する人は少ないと言われているため、仮に失敗してもめげずに、それは煙草を手放すまでのステップとして受け止めます。
例え1日でも吸わない日が長くなればその分健康が近づくと思考を変えて、何度もチャレンジする精神が必要です。

そして、いつでも吸えると思うと安心するので、逆に煙草とライターを常に持ち歩くのも良いでしょう。

吸える状態にあっても後でにしようと考え続ければストレスはほとんど無く、いつの間にか日数が経っていたという例もあるほどです。

どのような方法を試してみても、ニコチンが体外に排出されるまでの期間はたったの3日ですから、最初の数日だけ乗り切れば後は無理なく禁煙できます。

煙草を必要としない生活に向けて、病院へ行く前に、考え方のチェンジから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ