成功者の感想を元にすると、禁煙は医療機関への受診がお勧めです。

喫煙者が煙草を止めようと決意するのは、人生の大転機と言っても大袈裟ではないでしょう。
一般的に、煙草を絶つ事は自分の決意が重要だと言われていますが、意志の強さだけでは乗り切れないと言うのが成功者の一般的な感想です。
なぜならば、煙草の煙に含まれるニコチンは麻薬にも劣らない依存性を持っており、止めたくても止められない喫煙習慣はニコチン依存症と呼ばれ、立派な病気の一つなのです。

また、喫煙者の約70%がこのニコチン依存症だと言われており、煙草を止めるならば、自己流で行うより医療機関に通って医師と禁煙した方が、個人個人に合わせたアドバイスを受けられるほか、治療薬の処方もされるので成功率が高まるという意見が多く聞かれます。

治療全体の流れは、健康保険を使った治療では12週間で5回の診察を受けます。
診察に行くと、初めに喫煙状況などを元に保険で治療が受けられるかをチェックし、禁煙補助薬の処方を受けます。

2回目以降、毎回の診察では煙草の有害物質の濃度を測定したり、状況に合わせて医師のアドバイスをもらい、処方薬を出して貰います。
治療を始めて不安や気になる症状が現れた場合は、気軽に医師に相談してみると良いでしょう。

また、新たな治療法として登場したニコチンを含まない飲み薬は、ニコチン切れの症状を軽くし、煙草が美味しいと言う感想を持ちにくくする効果を併せ持ちます。

このため、今まで以上に楽に禁煙する事が出来ますので、本気で止めたい人は一度受診してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ