効率的な禁煙方法はいくつかあります

近年はどこの施設でも「禁煙」を掲げていることが多くなりました。
タバコを吸うことは自分の健康はおろか、副流煙によって周囲の人々の健康を害する恐れもあります。
とは言え、一度タバコを吸うようになると、禁煙をすることは難しいものです。

今までヘビースモーカーだった人が急に一本も吸わなくなると、逆にイライラが募り、精神的に苦しくなってしまいます。
しかし、精神的な負担が少なく、効率的な禁煙方法があるとしたら、禁煙に前向きになれるのではないでしょうか。

まずは、タバコをやめた後の自分を具体的に想像することが大切です。
タバコを止めることでどのようなメリットがあるのかを考えることは、モチベーションを保つことにもつながります。

そして、目標を紙に書き出したり、周囲に宣言することも効果的で、周りの人に宣言して協力を仰ぐことは、一人で耐えるよりも成功しやすくなります。

具体的な方法では、タバコを吸いにくいように手の届きづらいところへ置くことや、やめることへのストレスの対策として、タバコ以外のストレス発散方法を探すこと等が挙げられます。

例えば、シャワーを浴びたり、ウォーキングをしたり、音楽を聴くなどのストレス発散行動で気を紛らわせることができれば、精神的な負担は軽くなります。

また、一人ではどうしても難しいという場合、禁煙外来を訪れると効果的に禁煙できます。
禁煙のためにわざわざ病院を訪れるのはハードルが高いと感じられるかもしれませんが、医師から効率的なプランを提案してもらえるのでおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ