禁煙パッチの種類と価格について

世の中では禁煙の風潮が広がり、さらにタバコの値段は上がる傾向で、喫煙者にとっては肩身の狭い思いをするようになりました。
これをきっかけに禁煙に取り組んでみようと思っても、簡単にはいかないことが多いものです。
しかし、世間には禁煙に成功した人も数多くいますが、そういった人々はどのようにして禁煙を成功させたのでしょうか。

禁煙をするためには様々な方法があり、その方法の一つが「禁煙パッチ」を使用する方法です。
禁煙補助パッチと言い、少量のニコチンを含んだパッチを皮膚に貼ることで禁断症状を和らげる役割を果たします。

近年は薬局やドラッグストアでも手に入るようになりましたので、その種類や価格、使い方を説明します。

市販のパッチは主に、ニコチネルパッチ、ニコレットパッチ、シガノンという種類が販売されていて、禁煙を始めて1週間~6週間の間はそれぞれニコチネルパッチ20、ニコレットパッチ1、シガノンCQ1という種類を貼ります。

この段階で禁断症状が出ない場合は、使用を終了しても大丈夫です。
まだ禁断症状が残っている場合は、ニコチネルパッチ10またはシガノンCQ2、ニコレットパッチ2という種類を7週目~8週目に使用します。

ニコレットパッチの場合は、9週~10週目に使用できるニコレットパッチ3という種類があります。
使用方法は、起きた時に皮膚に貼り就寝前にはがすだけと簡単です。

使用を続けても禁断症状が続く場合は、禁煙外来で処方を受けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ