ハーブタバコで禁煙しましょう

体に有害な物質がたくさん含まれている煙草ですが、受動喫煙が周囲に害をもたらすとして、最近では完全禁煙の飲食店が増えてきました。
更に、増税でどんどん値が上がっていく現状に、喫煙を止めようと考えている人も増えています。
しかし、体に悪いとは分かっていてもなかなか止められないのが煙草の特徴です。

煙草に含まれるニコチンは快感を生じさせるドーパミンという物質を放出するので、何度でも吸いたくなりますし、喫煙しないとイライラするなどの禁断症状が現れます。

そのような症状を少しでも緩和させる為に、電子タバコやパイポといった様々な禁煙グッズがあります。

ハーブタバコは、天然のハーブを使用しているのでニコチンが含まれていませんので、吸い続ける事でニコチンが体から抜けていき、中毒症状が落ち着いてきます。

特に、長期間の喫煙が習慣になっていた人は吸いたいという欲求が強いため、煙が出て擬似的に喫煙を味わえるハーブタバコは、気が紛れるので禁煙に成功しやすいでしょう。

それに、通常の煙草と比べて値段は倍以上しますので、自然と本数が減る場合もありますし、ハーブの種類にもよりますが、独特な味がする事から自然と吸わなくなる人もいます。

ただし、発癌物質のタールが含まれていますので注意が必要です。
歯や部屋などが黄ばむのもタールが原因ですし、更に副流煙として周囲にも影響を与えますので、ハーブタバコのメリットやデメリットをよく理解しながら、強い意志で禁煙に臨みましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:禁煙

このページの先頭へ