ブルーベリーなどの目に良い成分をサプリメントで上手に摂る

目に良い食べ物と聞いて頭に浮かぶのは、やはりブルーベリーです。
ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンと呼ばれる成分が、目に良いとされる成分で最も有名です。
アントシアニンやβカロチンといった成分は、目の感度を高める効果があるとされ、目に映った光を信号に変えるために必要なロドブシンを再合成する作用があります。

ロドブシンが欠乏してしまうと光を感知する力が低下して、暗いところで目が見えにくいという症状となって現れます。
アントシアニンやβカロチンを摂ることで、これらの症状の緩和に効果を発揮します。

目に良い成分を選ぶときに必要なのは、目のどんな部分を改善したいのかをはっきりとさせることです。
アントシアニンやβカロチンには光を感知する力の低下を防ぐ効果があり、アスタキサンチンやビタミンBなどは目の周りの筋肉の疲労の緩和に役立ちます。

また目の老化予防に役立つ成分もあります。
白内障や加齢黄班変性といった症状は、光に体の老化を促進する紫外線が含まれることによって、光を写す機関である目も老化することが原因でおこるもので、目の老化を防止するにはルテインが効果的です。

最近は目の健康維持のためにサプリメントを上手に取り入れる人が増えて来ています。
生活習慣や目の使い方に限らず、目の健康のためには目に良い栄養素を食事でバランスよく摂取することが大切ですが、目のために必要な栄養を食事だけで摂取するのは、やはり難しいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:サプリメント

このページの先頭へ