美肌を維持するコラーゲンとその他のサプリ

女性なら若々しさをキープするため、美しい素肌は永遠に維持したいものですし、そのことで自信にもつながります。
どんなに化粧で補っても、内側の栄養が偏っていれば美肌を保つことは困難です。
美肌に不可欠な女性ホルモン、コラーゲン、ヒアルロン酸は、歳を重ねるごとに減少していきます。
女性の肌は25歳が曲がり角だと言われますが、それは、この時期をピークに新陳代謝が落ちてくるためです。

そして、体内で作ることができない成分は、食品やサプリメントで補うしかありません。
普段から習慣づけることで、老化を食い止めることが可能となります。

そのためにも、美肌に良いとされるサプリメントを正しく理解して、積極的に摂取しましょう。
コラーゲンは、肌の張りを保つために欠かせない成分で、肌の表面を支え、新陳代謝を活性化する効果があります。

細胞へ栄養や酸素を運び、反対に老廃物を運び出す働きがあり、コラーゲンを補給することでしわやたるみなど、肌の悩みが改善されます。
ビタミンCは、体内でコラーゲンを形成する働きがあります。

また、抗酸化作用やメラニン生成の抑制効果もあり、肌の透明感をアップするためには不可欠な成分で、厚生労働省によって、1日の摂取推奨量は制限されています。

エラスチンは、女性ホルモンに似た機能を持ち、弾力があり肌にやわらかさと張りをもたらしてくれます。
歳を重ね、紫外線やストレスでエラスチンが減少すると、しわやたるみが現れてきますので、エラスチンを摂取して、エイジングに歯止めをかけましょう。

ヒアルロン酸は、コラーゲンが支えている真皮層を水分で潤し、みずみずしい肌を保ち、歳を重ねると体の中で作られなくなり、体内の水分が減少し乾燥します。

肌が乾燥するとしみやしわができやすく、一気に老けた印象になってしまいます。
プラセンタは、母親と赤ちゃんをつないでいる胎盤から抽出される成分で、多くの医療現場でも使用され、厚生労働省でも美白成分として認可されています。

肌のコラーゲン生成をアップする作用があり、活性酸素を除去するので、アンチエイジング効果も期待できます。
どの成分にも、コラーゲンに深い関わりがあります。

コラーゲンだけを大量に摂取することは良いものではありませんが、他の成分でバランス良くコラーゲン生成を支援して機能を高めています。
一概にコラーゲン一択ではなく、各成分を組み合わせながら摂取していくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:サプリメント

このページの先頭へ