栄養補給におすすめのサプリメント

サプリメントが広まったのはアメリカ大陸発です。
1975年にマクガバン上院議員から提出された報告書がきっかけとなり、不健康の原因が食生活の栄養不足にあると報告されました。
1994年にアメリカで栄養補助食品健康教育法(DSHEA)が成立し、食品と医薬品の間のサプリメント、つまり栄養補助食品が明確に定義され、これをきっかけにアメリカでは、ビタミン剤や栄養補助食品の市場が急速に成長しましたが、日本のサプリメントはアメリカの20年遅れだと言われています。

私たちが食べている野菜や果物は、見栄えがよくても栄養素が少なくなってきています。
これは、品種改良や優秀な農薬のおかげで、土壌が悪くても綺麗な野菜や果物が取れるようになってきたからです。

更に、冷凍や缶詰に加工することでも栄養素が失われています。
現代人の生活習慣は乱れがちで、必要な栄養が取りにくくなってきているということもあります。

食事は体に必要な栄養を摂取することが目的ですが、足りない部分をサプリメントで補うことも必要になってきているのです。
また、高齢化社会に向けて、予防医学としてもますます注目を浴びてくると考えられます。

とはいえ、健康の基本は食生活ですので、まずはできる限り改善しましょう。
三大栄養素である炭水化物、脂肪、タンパク質は、日本人であればおそらく足りていますが、不足しがちなのがビタミン、ミネラル、そして繊維質です。

例えば、ビタミンCの必要量はブロッコリー4房分、繊維質はキャベツ3.3kg分必要ですが、これだけの量を食べている人は少ないでしょう。

サプリメントは、食事では摂取しきれない栄養素を補う目的で選びましょう。
一般的な生活をされている方には、ビタミンやミネラルがバランスよく配合されたものをお勧めします。

その他、各個人の症状に合わせて、商品の説明に従って選ぶことが大切です。
アメリカのものは先進ではありますが、なかには粗悪品もありますので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:サプリメント

このページの先頭へ