鉄分の体への影響とサプリメント摂取の注意

鉄分は赤血球の主成分で、酸素を取り入れる上で欠かせないミネラルです。
体の中に含まれる量は、一般的に成人男性で約4.0g、女性の場合は約2.5gです。
このうち、約70%は赤血球となって体の隅々まで酸素を運び、残りの一部はいろいろな働きをする酵素の材料として使用され、さらに残りは肝臓や脾臓、骨髄、筋肉にストックとして蓄えられています。

鉄分が不足して貧血になる場合、このストック鉄が底をつき、赤血球の材料が不足して起こる症状です。
そこで、貧血の場合は、補う為のサプリメントも有効な手段のひとつとなっています。

食事からとれる鉄は、植物性の非ヘム鉄と動物性のヘム鉄の2種類に分かれます。
サプリメントにもこの2種類が混在していますが、不足だけでなく、過多の場合にも注意が必要なので、正しい知識を身につけましょう。

鉄分が不足すると、貧血になります。
ただし貧血は、月経や食事の量も少ないことから、男性より女性の方がなりやすくなっています。

鉄欠乏性貧血は、血液中のヘモグロビンの量が減ってしまった状態で、通常は貯蔵されている鉄が使われていますが、そのストックが空っぽになって追いつかなくなった場合に起こるものです。

サプリメントを摂取する場合、症状が現れなくなってもストックが溜まるまで摂取し続ける必要があります。
その他、まれに氷や泥などが食べたくなる異食症や、ツメが薄くなって反り返るさじ状爪、足がつるなどの症状が出ることがあります。

他にも運動や認知機能、体温保持機能の低下もみられるようです。
しかし、ただ鉄分を摂れば良いというわけではありません。

鉄分を過剰に摂取した場合、重度に至る症状もあるので注意が必要です。
過剰摂取ですぐに起こるのは、吐き気や嘔吐、下痢や腸の損傷等の胃腸障害があります。

また、過剰な鉄は体のいろいろな部分に蓄積されて皮膚の色素沈着を起こし、血管だけでなく、脳や肝臓にもダメージを与えます。
この状態が長く続くと、血管疾患や肝硬変、糖尿病につながる可能性もあります。

通常の食事では、鉄の過剰摂取はほとんどありませんが、サプリメントや錆びた水道の水を飲み続けると陥ることがあるのです。
鉄のサプリメントは自己判断ではなく、かかりつけの医師に相談した上で服用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:サプリメント

このページの先頭へ