脂肪燃焼の仕組みとサプリメントのタイミング

女性の方は特に、ダイエットには非常に関心があると思います。
ダイエットで大事なのは、体内の脂肪を燃焼させることですが、では、どうやって脂肪が燃焼していくのでしょうか。
脂肪の燃焼とは、筋肉が運動を行い伸縮する際に脂肪が酸素を取り込んで分解することを指します。
食べ物で摂取された栄養は、脂肪細胞に体脂肪という形で蓄えられます。

体脂肪はエネルギーとして蓄えられますが、もうひとつ、グリコーゲンというエネルギー源もあります。
毎日の活動では主にこのグリコーゲンが使用され、ほとんど体脂肪の方は使用されません。

では体脂肪はいつ使われるかというと、多くの運動をしたり長時間食事をしなかったり通常時に必要なエネルギーが不足した時に緊急用として使用されます。

つまり、体脂肪を燃焼させるためには、まずはグリコーゲンを使い切ってしまう必要があるということです。
有酸素運動などする場合、ある程度時間をかけないと脂肪が燃焼されないのはこのためです。

脂肪燃焼は、グルカゴンというホルモンが分泌され、この指示により脂肪酸酵素リパーゼが体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解します。
これを血液に流して、筋肉を動かすエネルギーとして使用されます。

ダイエット等で欠かせないサプリメントですので、健康や美容のために毎日の適度な運動に加えて取り入れている方も少なくないのではないでしょうか。
ただし、サプリメントの摂取タイミングや運動のタイミングも重要です。

サプリの商品自体には、摂取量などは記載されていますが、摂取のタイミングは書かれていません。
これは、薬事法の改正によって、医薬品と区別するために禁止されているからです。

基本的には、胃や腸の中の食事と一緒に効率よく吸収できるので、食事の直後に飲むことが望ましいです。
空腹時に服用すると、胃が荒れることがありますのでやめましょう。

また、一度にたくさん摂取するよりも、一日の間に分けて飲んだ方が効率的に吸収できます。
そして、運動はサプリとは逆で、食前に行う方が効果的です。

運動をすると空腹になるので普通に食事を取ってしまいがちですが、疲れた内臓は栄養の吸収率が落ちますので、逆に太る危険性があります。
この場合、運動直後はバナナやプロテインなどで栄養を補給し、食事は落ち着いてから食べるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:サプリメント

このページの先頭へ