サプリメントの効果的な摂取方法

今では、インターネットやテレビCM、折り込みチラシなど、至るところでサプリメントの宣伝や販売を行っており、多くの人が日常的に摂取して美容や健康に気を配っています。
サプリメントは栄養補助食品、または健康補助食品と呼ばれているように、食品であって薬ではないので、パッケージに飲むタイミングは表示されておらず、いつ飲んだらよいのかと思っている人もいるのではないでしょうか。

実は、摂取する成分の性質によっては、より効果的な飲むタイミングがあり、これは長期に渡る研究によって豊富な臨床データが得られています。

例えば、脂溶性ビタミンであるビタミンA・D・Kは、空腹時は吸収率が低いので、食事中や食後すぐに摂取することが望ましく、特に脂分の多い食事と共に摂取すると吸収率が上がります。

また、ビタミンB群・C・Eは体に蓄積される量が少ない上に、体外に排出されるのも早いので、1日のうち2~3回に分けて飲むのが効果的です。

それから、ミネラルの中でもアルカリ性であるカルシウムやマグネシウムは、食後すぐに摂ると胃酸を中和させてしまうため消化不良が起きやすく、朝・昼の食前や就寝前に摂取しましょう。

そして、その他のミネラルは、食事中や食後すぐ、或は疲労が強いときには就寝前に飲めば通常よりも吸収率がアップして疲労回復効果も高くなります。

このように、摂取の仕方で吸収率などが変わってきますし、また、サプリメントは効能が穏やかで、薬と違って飲んだらすぐに劇的に効くというものではないので、一般的には表示されている適量を1日の中で数回に分けながら長期的に摂取していくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:サプリメント

このページの先頭へ