栄養サプリメントについて

先進国に暮らす日本人は、飽食と言われる程食べ物に不自由なく生活しているので、足りない栄養素があるとはあまり考えていません。
こうした観点からすれば、わざわざ栄養サプリメントを摂る必要はないと思うでしょう。
確かに、栄養素は毎日の食事の中から摂取する事が基本ですが、毎日食事を楽しんでいる人の中にも栄養素の不足によって健康上の問題を抱えている人は少なくありません。

人間に必須の栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの5つのグループと言われており、これらをバランスよく食べる事が健康の為に必要です。

しかし、加工食品の増加や生産技術の発達により、季節外れに収穫される野菜の栄養価の減少や流通構造の変化に伴い冷凍保存される様になった生鮮食品など、旬の物を新鮮なうちに食べていた昔とは違い、現代の食卓は自然の恩恵を100%受け取る事が難しくなっているという現実があります。

ですから、食事では補いきれない栄養をまかなう為にも、サプリメントを上手に利用したいものです。
栄養サプリメントの飲み方のポイントは食後30分以内に飲む事で、食べ物と一緒に摂取すると格段に効率がアップします。

ビタミンEやベータカロテンは牛乳で、ミネラル類はオレンジジュースで飲むと吸収率がアップするという報告もありますが、基本的にはコップ1杯程度の水で飲む事が原則です。

水は胃を刺激して運動を高め、栄養を効率良く小腸へ運んでくれる作用を持ちます。

また、サプリメントの保存は、高温多湿となる場所や直射日光が当たる場所を避け、密封した状態で冷暗所にて保管しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:サプリメント

このページの先頭へ