美容外科で行われている多汗症の治療

皮膚の中の汗腺が非常に発達していたり、自律神経の失調などで緊張状態が極度になりやすい状態にある人やバセドウ病のような代謝が亢進するような疾患がある人、疾患がなくてももとから異常に代謝が良い人等は汗をかきやすく多汗症と診断されることがあります。

多汗症は、顔面に汗をかいていたり、服が汗ばむなど容姿的にもマイナスのイメージを与えたり、時間がたつと臭いを発することもあるため、その点でとてもコンプレックスに感じているケースも少なくありません。

医療における治療は、美容外科で行われています。
美容外科での治療方法はいくつかありますが、代表的なものは手術療法と薬物療法です。

薬物療法では、ボトックスという注射を患部に注射して汗腺の機能を鈍らせます。
それにより、発汗を抑えるという治療法です。

ボトックスは時間がたつと若干効果が薄れてしまうため、この治療法は継続が必要となってきます。
しかしながら、手術とは違い比較的気軽に治療を受けられることから、人気のある治療法です。

もうひとつは、手術療法になります。
これは、患部の皮膚を切り取り、別の皮膚を移植するといった治療方法で、病院によっては入院を要するケースもあります。

手術中は麻酔をしていますが、麻酔が切れた時には若干の痛みが生じたり、医師も細心の注意をはらって手術していても、少しの傷ができるのは避けることができません。

しかし、この治療法は一度手術すれば、もうその箇所は汗で悩むことはありません。
美容外科で行われているこれらの多汗症に対する治療法は、どちらもメリット、デメリットがあるため、施術前に医師と十分相談をして方法を決定することが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ