多汗症の治療法でストレスから開放されましょう

異常な量の汗をかいてしまうと悩んでいる人の中には、多汗症の人が存在します。
これを単なる汗っかきと混同してしまいがちですが、明らかに症状は違うものです。
汗っかきは、運動後や暑い時など誰でも汗をかき得るシーンにおいて、他の人よりも出る汗の量が多い人のことを言います。

対して多汗症は、通常、汗をかくシーンでもないのに異常な量の汗をかいてしまうことです。
そこには、緊張やストレスといった精神的なものが大きく関与していると言われています。

さらに悪いことに、汗をかいてしまうというストレスと緊張感から余計に汗が吹き出るという悪循環です。
また、周囲に相談してもあまり相手にされないということで、余計にストレスを感じるケースもあるでしょう。

しかし、実際には生活に支障をきたすほどの人も存在しているのです。
でも、一人で悩むことはありません。

現在は、多汗症の治療に様々な治療法があります。
たとえば、切除手術や超音波手術、もっと手軽な方法で言うとボトックス注射があります。

この中で、一般的に治療として使われているのがボトックス注射です。
これは、注射によって汗を一定期間止める効果を持ちますが、効果は永遠ではなく、人によって数ヶ月~1年ほどの効果を持ちます。

注射が効いている間は、汗をかいてしまうストレスから開放されて精神的に良い作用があり、さらには清潔感も保てます。
入院の必要もなく、治療も数分で済むため、手軽さではダントツの治療方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ