多汗症改善法として、リラックスできる環境を作り、バランスの良い食事をすることが大切です

多汗症とは、手のひらや顔、足の裏といったところに必要以上に汗をかいてしまう症状をいいます。
原因には、ストレスや緊張、不安といった精神的なものから、中枢神経の異常などの病気や疾患、ホルモンバランスの崩れや更年期によるものなどがあります。
肥満も原因とされていますが、直接の原因ではなく、いくつかの理由によって汗をかきやすい状態になっているのです。

精神性の多汗症改善法としては、できるだけリラックスできる環境を作り、ストレス解消などによって精神状態をうまく変化させていく方法があります。

ストレス解消には何が一番いいのかをゆっくり考えることから始めて、無理をせずに改善を心がけることが大切です。

ストレスが溜まっている人は、適度に発散する機会を作ってみたり、日常に紅茶を飲んだりとリラックスの時間を作ったり、休みの日に散歩を始めるだけでも変化のきっかけになります。

次に、多汗症改善法としては、食生活を変えて改善する方法があります。

食べ物の中には、熱を発生させやすいたんぱく質を多く含んだ食べ物や、脂成分を多く含んだものもあり、バランスの良い食事をすることが大切で、それによって体臭対策にもなります。

また、スパイスなどの香辛料も、汗をかく原因となりえるので注意が必要です。

そして、食生活を変えることがストレスになってはいけないので、いきなり全てを変えるのではなく、3食のうち1食を野菜中心にしてみるなど、少しずつ改善していくことを心がけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ