頭部多汗症は脳のクールダウンです。

多汗症とは、読んで字のごとく汗がいっぱい出る症状のことです。
汗は、大きく分けて2種類あり、体中から運動をした時などだらだらと汗が流れてきますが、その汗はあまり臭わず、さらさらしていて舐めるとしょっぱいものですが、この汗が出る腺はエクリン汗腺と言われています。

もう一つの汗は、アポクリン汗腺といって、脇の下や陰部にあり、大人に近づくにつれて発達するものです。
この汗は、じっとりとしていて臭いがします。

ワキガで悩んでいる人は、このアポクリン汗腺が原因です。
では、多汗症はどちらの汗腺が関係しているのかというと、エクリン汗腺が原因となります。

もともと汗というのは、体温を調節するためにかきますが、それ以外にもかくこともあります。
極端に緊張したり興奮したりした時に、手のひらや足の裏、頭、額、背中などが汗でびっしょりになることがあります。

よく、手に汗握るサスペンスなどと言いますが、それは精神性の発汗と呼ばれるものです。
また、頭部にかく汗は、脳をクールダウンさせるためにかくと言われています。
この頭部多汗症も、精神性の発汗が原因で起こります。

精神的に緊張することが起きた時に、頭部から汗が多く出てきて周りの人に迷惑がかかったり、自分自身が辛かったりした場合には、塗り薬で治療することができます。

多汗症によく使われる塗り薬で、皮膚科を受診すると処方してもらえます。
また、髪の毛全体が湿るほど汗をかく場合は、塗り薬だけでは追いつかないかもしれません。
そんな時は、飲み薬がよく効きますので、とりあえずは皮膚科を受診した方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ