多汗症は、注射か手術の治療法があり、症状が重ければ手術を選択した方が確実に治せます

夏になるとたくさん汗をかきますが、涼しい時期であっても一年中、汗に悩んでいる人はいっぱいいます。
そのような人が多く訴えるのが、ワキや手のひらなどの場所です。
ただ、じんわり汗をかくのではなく、水滴となって汗じみになるくらいかいてしまう人もいます。
このような症状を、多汗症といいます。

汗をかくだけで病気なのかと疑問に思う方もいるとは思いますが、この病気は厚生労働省が認めた、れっきとした病気です。
病気と表されるくらいなので、悩んでいる人は毎日とても辛い日々を送っています。

汗をかくことは、くしゃみや咳をするのと一緒で、人間の生理現象です。
それを治すことは難しいと思ってしまう患者がたくさんいますが、そのようなことはありません。

多汗症は治せる病気なのです。
その治療法には、注射か手術のいずれかがあり、症状が重ければ手術を選択した方が確実に治せます。

また、注射には、ボトックス注射とゼオミン注射があります。
いずれも、筋肉を縮ませ、汗の出を悪くするという効果の施術です。

そして、交感神経の動きを抑えるために、汗が出にくくなります。
手術よりは手軽にできるので、まずはボトックスから始めると良いかもしれません。

手術の方は、汗腺を手術によって直接取ってしまうという施術になります。
汗をかく大元を取り除くので、根本から解決してしまうということです。

しかし、メリット、デメリットがどちらにも存在しますので、どちらの方法が自分に合っているのかは、クリニックに行って相談してみると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ