精神性多汗症は治療でアプローチ

多くの人が一度は経験したことがあると思います。
緊張したり、何か不安なことがあると、冷や汗が出るという経験です。
これは、精神性の発汗です。
誰にでも起こりうる現象の一つなのですが、時折この精神性の発汗が異常に働いてしまう人が居ます。

例えば、人前で緊張した時に、顔やワキ、手のひらや足の裏に汗の雫が垂れるほどの発汗が起こるという経験を何度もしたことがある人もいて、これは、精神性多汗症という立派な病気なのです。

緊張や不安などの精神的にストレスがかかる状態で異常な発汗を起こす病気で、自分でコントロールすることができず、とても厄介な汗の悩みと言えます。

精神的なストレスを感じた際に異常な発汗があり生活に支障が出ていると感じたら、治療を受けた方が良いでしょう。
治療法として、精神的なアプローチと汗を出す汗腺に行うアプローチの方法があります。

精神的なアプローチでは、緊張を和らげる薬の投与やカウンセリングによるストレス緩和を行います。
精神的なストレスに強い体を作って、汗をかきにくくするということです。

汗腺に行うアプローチは、汗をかく原因である汗腺を手術によって取り除く方法があります。
汗腺を取ってしまうので、汗をかかない体にするのです。

このように、精神性多汗症にはきちんとした治療方があり、完治した人はたくさんいます。
汗がたくさん出るからといって、引っ込み思案になることはありません。
一度クリニックに相談してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ