多汗症相談は医療機関で早めに治療

汗のかき過ぎで、普通の生活に支障をきたす方も少なくありません。
多汗症は普通にある病気で、あなたがそれに該当するとしても心配の必要はありません。
同じ症状の方はたくさんいて、医療機関にて治療を行っているからです。
まずは、あなたがどんな状態の時に汗をかきやすいかを思い出してください。

人と話したり、誰かがいる時に汗が出てくる方は、精神的に緊張状態が発生すると汗をかいてしまうという事です。
赤面症など対人不安があると、余計に緊張が緊張を呼び負のスパイラルに入ってしまいます。

この場合は、精神科や心療内科に足を運ぶべきでしょう。
心に病気があると思うと気が重くなるかもしれませんが、それを気にしない事も大切です。

カウンセリングで症状が良くなる可能性も大きいですし、精神安定剤などで心を落ち着かせれば良い結果が得られるかもしれません。
次に、心理的な要因でない方は、先天的か後天的かに分かれます。

そして肝心なのが、どの部分の汗が多く出るかという事で、手掌多汗症や足蹠多汗症、また脇や頭部からの発汗が多いなど体の一部から多く発汗がある場合と、全身からの発汗に分かれています。

こちらの治療方法は、ボトックス注射や交感神経切除手術、超音波治療法などがあります。
ボトックス注射は、交感神経をブロックし、汗腺の働きを一時的に抑える方法でわきがにも効果があります。

次に交感神経切除手術は、手の汗を止めるのに効果が大ですが、手術なので副作用の可能性もあり担当医との打ち合わせが重要です。
超音波治療法はわきの下の汗腺を破砕除去するもので、わきの下の汗に効果的です。

このように、多汗症の部位によって対処方法が異なりますが、いずれも医師の診断の下で行うので安心してください。
汗なので臭いも気になる方もいらっしゃるでしょうが、早期に治療を開始して快適に生活を送りましょう。
多汗症相談が、早期解決のポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ