顔の多汗症の治療について考える

汗が出ることは体の正常な機能で、特にスポーツをした時や夏場は汗が多く出ます。
汗が出るのは誰でもあることなのですが、でも極端に多くの汗が出てしまうのはやはり困ってしまいます。
脇や手のひら、そして頭部などに局所的に大汗が出てしまう症状がありますが、この症状を多汗症と呼びます。

こういった症状はどうして起こるのかわかりづらいこともありますが、精神的なものが影響していたり、自律神経の乱れが原因になっていることもあります。

脇などは、制汗剤や汗をとるパットで対応できますし、手のひらなどは他人に手を握られたりしない限りわかりづらいものですが、困ってしまうのは顔に大量に汗が出ることでしょう。

こうした症状はごまかしが効かないので人前に出る際など辛いですが、精神的なものが影響している場合、焦ることでより多くの汗が出ることに繋がりますので、あまり気にしないことが大切です。

しかし、こういった症状は、治療で改善できるものなら改善できた方が嬉しいでしょう。

甲状腺の病気や糖尿病でも顔面に多く汗が出ることもありますので、まずはこういった病気がないか検査し、病気が原因している場合はまずはその治療を行うことが先決です。

精神的なもので症状が出ている場合も、心療内科などの治療で改善されることもあります。
それから、しわの改善でよく利用されているボトックス注射でも多汗症に良い効果が期待できますので、まずは医療機関で相談することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多汗症

このページの先頭へ